トップページ>科学フェスティバル企画一覧(2014年)

【科学フェスティバル 企画マップ】
出展番号 出展番号 下にて各企画内容を紹介しています
企画タイトルのリンクから、当日配布されるガイドブックのページを開くことが出来ます。
科学フェスティバル当日の実施内容等が変更になることもありますので、あらかじめご了承ください。

科学フェスティバル企画一覧

1.液体窒素がつくる不思議ワールド
 ものすごく低い温度になると身の回りの物がどうなるのか疑問に思いませんか?ここで扱う液体窒素は-196℃!!身の回りの物をことごとく凍らせるとまか不思議!わくわくドキドキの実験です。さあ、君も未知の極低温の世界に足を踏み入れ、科学の楽しさを体験しよう。

・様々な物を凍らせる。
 皮手袋をはめた手で摘んだり落としたりして観察する。
・ビニール袋に入っている空気を凍らせ、溜まった液体を観察する。
・試験管内のエタノール凍らせて観察する。
・電池を凍らせて電流の流れを観察する。
・フィルムケースに少量の液体窒素を入れ、素早くフタをして放置する。
 (見学者から離れた場所で観察させる)

2.作って、遊んで、楽しもう!
 このブースでは、おもちゃなどを作って動かして楽しむことと、やって楽しむことをします。
 投げた後にしっかり戻ってくるブーメランを作ってみよう!
 空気の鉄砲は上手にうてるかな?
など

3.金ナノ粒子を作ってみましょう
最近、「ナノテク」とか「ナノテクノロジー」という言葉を良く耳にしますが、一体このナノテクとはどのようなものなのでしょうか? みんな知っている通り金の色は「金色」あるいは「黄色」ですが、ナノサイズの金も金色でしょうか。簡単な方法で金ナノ粒子を作って確認しましょう。

4.太陽電池で電気を作ろう
新しいクリーンエネルギーとして期待される太陽電池。太陽にそっくりな光を作り出す機械を使って、太陽電池が電気をおこすしくみを学びます。
有機材料をつかった、新しい「有機薄膜太陽電池」についても紹介します。

5.コップでつくった車を走らせよう!
 プラスチックカップを利用した簡単な工作で動くおもちゃを作成し,運動と力学の学習をします.

6.プカプカ酵母をつくろう!
 酵母の力を利用して、ビーズが浮いたり沈んだりするプカプカ酵母を作る実験です。酵母が砂糖水から栄養をもらって発酵すると、二酸化炭素ができます。そうすると、最初は沈んでいたビーズが浮いたり沈んだりし始めます。

7.おもしろ物質「高分子(こうぶんし)」をたいけんしよう!
 『にしおか・こうだ・みやた けんきゅうしつ』では、ドロドロでグニャグニャでフワフワでカチカチなおもしろ物質『高分子(こうぶんし)』とふれあいます♪

『高分子』をご存知ですか?はじめて聞いた方も多いと思います。でもじつは、わたしたちの身近には高分子がたくさんあるんです!たとえば、、、毎日たべているお米やパン(小麦粉)、それからペットボトルや化学繊維などのプラスチック、そして、木や草、これらすべてが高分子です♪

にしおか・こうだ・みやた けんきゅうしつでは、高分子をつかって『手づくり表札(ひょうさつ)』『ふわふわ飛行機』『ふしぎ物質!ダイラタント流体』『小麦粉ねんど』をつくります!!もちろん、作ったものはおみやげです♪

ドロドロ・フワフワ・グニャグニャ・カチカチなおもしろ物質『高分子』と触れ合いに、ぜひお越しください(^^)

8.ソーダロケットを飛ばそう!
 フィルムケースを筐体としたロケットを作成し,そのフィルムケース内でクエン酸と重曹の混合物に水を加えることによってロケットを飛ばします.

9.視覚の不思議に触れてみよう
「ホントだよ,だって見たもん!」

・・・君は,信じる?
ボクらの目で見たものが本当だってどうして信じられるのか.
本当は違うかもしれない・・・脳の中はとってもフクザツに出来ていて,時々ボクらをダマすんだ.
いくつもの体験からそのナゾを解き明かそう!"

10.斜面をとことこ歩くおもちゃを作ってみよう!
 斜面をとことこ歩くおもちゃを作る。準備された木製の部材を両面テープで貼りあわせることにより製作でき、小学校低学年でも作れるよう工夫しました。おもりの位置を調整して、おもちゃが歩き出す条件を見つけたり、おもちゃの動きを観察して、どうして歩くのか考えてみよう。

11.どんな図形?どんな立体?
 古典的な不可能図形や有名な立体、図形を作成して展示します。

12.手作りクレヨンを作ろう
 ロウソクを利用して手作りのクレヨンを作る。市販のロウソクを溶かし、顔料を混ぜたものを型に流し込んで固めることでクレヨンを作る。様々な色のクレヨンを作ることができ、出来上がったクレヨンはプレゼントする。

13.「ベンハムのビュンビュンごま」「紙で作るジャイロ」
 紙で楽しいおもちゃを作る

14.「紙とストローで作る竹トンボ」「紙のブーメラン」
 紙で楽しいおもちゃ作り

15.浮け,ぼくのわたしの熱気球!
ポリエチレン袋(45リットル)で,熱気球をつくる教室です.
世界に一つだけしかない自分だけの熱気球をつくって浮かせてみよう!
浮力?重力?「熱エネルギーの不思議」を考え「熱エネルギー」を実感してみよう!

16.電磁石フィッシング
  電磁石の原理について知ってもらうために、電磁石を使った釣り竿を作ってもらう。具体的にはコイルを巻く作業から電池の装着までを体験してもらい、魚に見立てたクリップを釣り上げてもらうことで磁石の役割を果たしていることを確認してもらう。
  また、ロボットの展示も行う予定です。

17.お絵かきコーナー
 例年恒例のお絵かきコーナーです。

18.いろいろな飛行機を作って飛ばそう!
 コピー用紙やスタイロフォームを使って紙飛行機を作ってもらい、飛ばす。

19.みぢかなものをつかったおもしろ実験
 身近なものを使ったいろいろなおもしろい実験をやります。
 突然色がついていない液が急に色が変わったり、その他にもいろいろ実験をやります。

20.キン肉パワー体感
 筋肉は脳からの電気信号で動いており、この電気信号は普段は感じることが出来ません。腕の筋肉が動くときに出る信号を測って、それを音に変えたり、それ使ってゲームをしたり、筋肉のパワーを体感します。

21.学習するコンピュータ
 人間と同じように機械(コンピュータ)に学習させる「機械学習」とよばれる情報科学の分野があります。色々なことを教えていくことで、まるで人間のように機械は勝手に賢くなっていき、様々な問題を解決してくれます。
 実際に機械が賢くなっていく様子をみて、最先端のデータ科学と人工知能の世界に触れましょう!

22.電気の不思議発見!!
 電気はどうやって作られるの?どうやって皆のお家に届くの?電気の速さはどれくらい?電気は何色?など,皆が毎日使っている電気は不思議がいっぱい!このコーナーではクイズや発電模型を通して電気の不思議を知ることができるよ。
 手回し発電機や発電自転車を使って発電体験してみよう!

23.ガラスビーズ顕微鏡をつくろう
 ペットボトルやプラスチック板などを使って、ガラスビーズをレンズにした顕微鏡(けんびきょう)を作ろう。できたら、いろんなものをのぞいてみよう。
 「細胞(さいぼう)」なんかも見えるかな?

24.ペーパークロマトグラフィーでいろんな色を分けてみよう!
 マジックやボールペンは、いろいろな色を混ぜることで別の色を作っています。
 紙とアルコールを使ったペーパークロマトグラフィーで、色を分けてみましょう。

25.フルーチェは「なぜ」かたまるの?
 フルーチェは牛乳を加えて良くかき混ぜると柔らかく固まります。これをゲルと呼ぶ。このブースでは、見学者にフルーチェの原料ペクチンと塩化カルシウム溶液を混ぜ合わせてもらい、固まってゆく様子の観察と、作ったペクチンゲルの性質を調べてもらう。ここで、何故、固まったのか図解する。次に、ジェランガムゲルを作ってもらい、両者の性質の違いを確認してもらう。希望者には、pH条件(6から12)が異なると、ペクチンゲルがどの様になるのかも調べてもらう。最後に、皆でフルーチェを作り、何故、この食感が出るのか復習してもらう。

26.身近なところから電気をつくって動かしてみよう!
 みなさんが、ふだん使っている電気ですが、実は、身近なところから作ることができます。
たとえば、熱・光・振動・電波などなど...。
そこで、どうやって作るか、じっさいに体験してみましょう!
そこからエネルギーの節約とかをかんがえてみよう!

27.ハードディスクを分解してみよう
 ハードディスクの中をみたことがありますか?つかっていても,なかを見ることはないものです.いっしょに中を見てみましょう.

28.オリジナルメダルを作ろう!
 用意したアルミの円盤に,好きな文字や形をペイントペンで書いてもらいます.その円盤に大学生の方で塩酸をつけて凸凹をつくり,除光液でペイントペンのインクを落とします.最後にひもを付けて完成です.(完成品はプレゼントします.)

29.空気電池で動かすバッタとオルゴール
 44円(10円玉4枚、1円玉4枚)でオルゴールを鳴らしてみよう。
空気中の酸素のパワーでバッタのおもちゃを動かしてみよう。
太陽電池と空気電池をくらべてみよう。

岡田研究室
30.カラフルな太陽電池をつくろう
 有機色素を使ったカラフルな太陽電池を電気めっきの原理で作って動かす実演をします。そのほか、印刷によって作った軽量薄型フレキシブルなフィルムの太陽電池の展示、太陽電池の未来に関するポスター展示等を行います。

31.真空の中で起こる現象を観てみよう!
 真空状態にするといろいろなことが起こる。真空にした容器の中に入れた目覚まし時計のベルは聞こえない。真空状態にした容器の中では,鳥の羽とパチンコ玉は同じ速度で落下する。真空状態にすると常温の水が沸騰して,やがて凍る。こんな現象を実際に観てみよう。

32.ホームオートメーション
  身の回りのさまざまな家電が、ネットワークに接続され、外部から制御できるスマート家電に進化しつつあります。
  このスマート家電の協調的な自動実行によって、より快適な生活を実現するホームオートメーションの一般家庭への普及も、すぐそこまで来ています。
  ホームオートメーションを実現する仕組みや、ユーザインタフェースを紹介します。

33.マウスとあそぼう!
 マウスと触れ合うことで、“命のおもさ、大切さ”を感じることができます。
 さらに、マウスの動きを観察することで、動物に対する興味をもってください。
 一緒に“生命の神秘”を感じましょう!

34.画像合成 -かねたんといっしょに記念撮影-
 あらかじめいくつかの画像を用意しておきますので、その中から好きな背景画像やキャラクターを選んでもらいます。
 選んだ背景画像の中に自分が入ったつもりで、カメラの前でポーズをとってください。
 その様子をカメラで撮影します。
 撮影した写真の背景を消し、人物だけを抜き出します。
 抜き出した人物の写真と選んだ背景画像・キャラクターを合成します。
 最後に出来上がった画像を見てみよう!

35.エレベーター・エスカレーター しっかり知って安全に!正しく乗ろうね!
★エレベーター・エスカレーターの安全な利用方法について紹介します。

★安全に関するDVDの視聴やエレベーターの安全装置デモ機などに触れ
  て頂きながら、きっとあなたも安全のしくみについて理解できるでしょう。

★紙芝居やクイズなどでエレベーター・エスカレーターの正しい安全な
 利用方法をみんなで楽しく学びましょう!

36.自転公転逆廻り『廻せば粉の絵柄が変わる』
(1)新しい独楽=コマ=皆楽、の提案・発明・公開・体感
(2)理科(物理)現象としての回転体の動きの理解
(3)回転する絵柄の不思議な変化の紹介・体感
(4)倒れないコマ
(5)ゆっくり廻るコマ
(6)止まっても廻るコマ
(7)回転対を感ずる脳の不思議さ
(8)ちいさなことでも考案・発明することの体感

37.次世代ロボットデザインセンターのロボットたち
 次世代ロボットデザインセンターで開発されている様々なロボットを紹介します.

38.ピカピカ光る有機ELの世界
米沢が世界に誇る有機EL (有機エレクトロルミネッセンス) について紹介しま す。 白色有機EL照明や 有機ELの実物展示もあります。

39.分光器を作って光を調べよう!
 簡易型の分光器を作って、いろいろな光の性質を見てみましょう。太陽からの光、蛍光灯からの光、LEDからの光、液晶からの光・・・それぞれどんな特徴があるのかみてみよう!

40.みんなで学ぼう!!燃料電池自動車
 次の世代を担う地域の子供たちに、科学の不思議や科学技術の魅力に触れてもらう。そして、その面白さを感じてもらい、子供たちの感性を育む。
 また、燃料電池自動車およびそれとガソリン自動車との違いを知ってもらう。

41.夏休み理科研究相談コーナー
 夏休み理科研究の相談を行います。