学習・教育目標 (物質化学工学科)

精密応用化学専修コース

専門知識の習得と継続的学習
化学技術者として必要な,基礎的科目や情報技術の知識を学び, 化学反応の本質とその応用への可能性を認識できるように, 生物有機化学,生物無機化学,有機資源化学,環境分析,材料化学等の学習を通して専門知識を習得する。 さらに,インターンシップや卒業研究を通して社会が求めている知識と技術を的確に把握する力を養い, 生涯にわたってその能力を保つために自発的かつ継続的に学習する能力を養う。
データ収集と解析および問題解決能力
技術者として与えられた課題を正確に理解・整理しそれらの解析を, 体系的に行なって正確な報告・データ化ができる能力を育成する。 さらに状況を的確に判断し,自ら課題を設定すると共に, その解決のための方策を立てて自発的に問題解決が図れる能力を育成する。
創造力およびコミュニケーション能力の育成
技術者として論理的に思考するとともに独自性のある新しいものを生み出す能力を育成する。 また自らの考えを整理して記述し, 分かりやすい表現で国際社会に対しても的確に伝達できる能力を育成する。
人類の幸福に貢献できる技術者の育成
本学の立地環境と伝統で培ってきた堅実な職業観を持ち,消費者の目線を持った中堅技術者を育成する。 社会に対する技術者としての責任や倫理意識を持たせ,様々な歴史,文化,価値観, 経済について理解することによって自国の利益だけでなく他者,他国の立場で物事を考え, その文化を受け入れる能力を養う。 また,地球環境や今後のエネルギー問題に対して 化学技術者としてどうあるべきかを常に意識して様々な立場での貢献ができるように育成する。

化学工学専修コース

技術者としての倫理観育成
科学技術が環境・社会・資源・安全性にどの様な影響を及ぼすかを理解できると共に, 科学技術者としての責任を自覚し,行動し得る素養, さらには自国並びに他国の文化・社会・経済を理解し, 物事を地球的・国際的視点から考え得る素養を育成する。
工学基礎知識の修得
数学,物理,化学,情報及び工学技術に関する基礎知識(エレクトロニクス概論,情報処理概論, 機械システム概論,数値解析法,環境計測化学)を有し,問題解決に応用できる能力を育成する。
専門知識の修得
化学工学基礎として,物理化学,化学工学量論,流体輸送,物質移動,熱力学を, さらには専門科目として,化学システム工学基礎,有機化学,無機化学,分析化学, 光量子化学,物質移動,流体輸送,機械的操作,材料化学工学,反応工学,生物化学工学, プロセス制御などに関する専門知識・実験技術を習得し, それらを問題解決に応用できる能力を育成する。
データ収集及び解析能力
社会あるいは自身を取り巻く状況の変化・必要に応じて,幅広い学習を自主的・継続的に行い得る能力, 技術者として与えられた課題を経済性・安全性・信頼性および社会・環境への影響を考慮し, それらの解決のためにデータを収集し解析する能力, さらには得られた結果を正確に伝達するために日本語により理論的に記述できる能力, プレゼンテーションできる能力,外国語によりコミュニケーションを図れる基礎能力を育成する。
問題を解決する能力
自ら積極的に社会の要求・問題を見出し,それらを基礎及び専門知識を総合して分析し, 解決・設計・提案する能力,さらに技術的・社会的な制約の下で仕事を計画的に遂行し, 完成させ得る自立した技術者となるための能力を育成する。