学習・教育目標 (電気電子工学科)

教員と学生,学生同士あるいは教職員同士が正面から向かい合い, お互いの向上のために本音で向き合う (face to face)
学習・教育目標のFACEを達成し,自立した技術者FACEに近づく
  1. 自立した技術者のFACE
    電気電子工学分野の基礎学力と応用力を備え,高度な電子技術社会・情報社会に貢献できる, 自立した技術者,即ち,豊富な工学的知識,科学的・論理的思考力,複眼的で柔軟な思考力 およびコミュニケーション能力を有し,信頼される技術者・責任感のあるリーダーとして, 自己研鑽により能力を高めていける能動的な技術者の育成を目指す。
    Flexibility 柔軟性; Activity 能動性; Creativity 創造性;Endeavor 自己研鑽
  2. 学習・教育目標のFACE
    1. 基礎知識(Fundamental knowledge)
      時代とともに変化する社会の要請や新たな科学技術の展開に対応し, 適切な手法を用いて問題解決できるようにするため, 数学,自然科学,電気電子工学の基礎知識や情報技術を習得する。
    2. 専門知識と応用力(Application of technical knowledge)
      電気・電子・情報通信工学分野の専門的知識や関連分野の知識を蓄積し, 自主的,継続的な学習により専門性を深めていゆくことのできる能力と, 仕事上の問題点や課題を主体的かつ的確に分析・理解し, 計画的に仕事を発展させて問題解決できる能力を養う。
    3. コミュニケーション能力(Communication)
      書面や口頭で自分の考えを論理的に表現でき,相手の考えを理解して的確な議論を交わすことができる 日本語コミュニケーション能力および国際的に情報交換ができるコミュニケーション基礎能力を養い, 組織的に仕事を遂行し,協力して問題解決できる能力を養う。
    4. 技術者倫理と複眼的思考能力(engineering Ethics and compoundthinking)
      社会の要求に対する議題に技術者としての倫理観と使命感を持って誠実に忍耐強く取り組み, 人類社会と自然の調和的・持続的発展について多面的に考える能力を養う。