技術者像 (情報科学科)

広い視野に立った健全な価値観と、深い専門知識を持ち、人の幸せに貢献できる実践的な工学技術者の養成を目指す。

学習・教育目標 (情報科学科)

情報科学は,情報と社会のかかわり,情報技術の社会への貢献を学ぶ学問分野である。情報科学科では, コンピュータの基礎理論から,コンピュータを応用した種々の分野, たとえば,アーキテクチャや情報通信,人工知能といった幅広い分野を学び, それらについての基礎的知識を身につけるとともに, 新しい分野へそれらの知識を応用できる能力を体得する。 このとき,机上の学問に偏することなく,実習や演習を通じて実際に役立つプログラミングの知識や応用も学ぶ。同時に,技術者としての倫理感の確立を目指す。

以上より,学科の学習・教育目標を次のようにかかげる。 一部は工学部共通の学習・教育目標と重複するが,互いに相補うものである。

基礎能力

  1. 工学基礎力:
    工学の基礎となる数学,物理,英語を学び,底力をつける.
  2. 情報基礎力:
    コンピュータやネットワークの動作に関わる基礎原理をハードウェア・ソフトウェアの両面について学ぶ.
    さらに,これら原理の理論的背景に関する多岐にわたる学問分野を理解する.

専門能力

  1. 応用能力:
    知識情報科学,情報メディア科学の基礎を理解し,応用ができる実力を養う.
    また,情報処理分野で不可欠なプログラミング能力を涵養する.
  2. エンジニアリング・デザイン能力:
    想像力,国際性,構想・着想力,問題発見・解決能力と,自ら計画を立案し研究を推進する能力を身につける.
    それら諸能力を統合して専門力を発揮できるよう,エンジニアリング・デザイン能力を養成する.

技術者としての素養

  1. 倫理観と職業観:
    知的財産権を尊重し,他人の財産権を侵害しない精神を体得する.
    情報倫理を学ぶとともに,情報分野における職業観を形成する.
  2. 業務遂行能力:
    複数人数による共同作業を進める上で必要とされる指導力,行動力ならびに協調性を身につける.
    また,限られた時間で目標を達成するための計画遂行能力を身につける.