学習・教育目標 (システム創成工学科)

 変革を続ける現代社会では、これまでの工学分野の枠組みに収まらない新しい課題に対して、技術者はその本質を見抜き、柔軟に対応していかねばなりません。システム創成工学科では、新しい課題に果敢に挑戦する技術的リーダーや起業者となる独創的な技術者を育成することを目指します。
 本学科は、機械工学に関する基礎的な知識を持ちながら、関連するさまざまな専門領域の知識を横断的にカバーし、ものづくりを俯瞰することのできる技術者の育成を使命としています。

 本学科は次の2大教育目標を掲げています。
  1. 「自ら考えて行動し、学ぶ」ための実践的教育を行う。
  2. 新たな課題に対して挑戦する意欲を持ち、広い視野のもとで解決できるプロフェッショナルとしての能力を養成する。

 これらの教育目標を実現するために、具体的な学習・教育目標を次のように掲げます。
    1. 工学の基礎力: 工学の基礎としての数学、物理学、情報処理の知識、およびものづくりに大切な機械工学の基礎知識を身につける。
    2. 専門分野の基礎力: 機械システム工学、機能高分子工学、物質化学工学、バイオ化学工学、応用生命システム工学、電気電子工学、情報科学、ものづくり技術経営学等に関する専門知識を習得し、それらを応用する実践能力を養う。
    3. 自主的・継続的学習能力: キャリア形成に関する知識を習得して健全な職業意識を育む。また、進展著しい最先端の分野を自主的・継続的に学習し、社会と産業の発展に貢献する意欲を養う。
    4. リーダーシップ: 自然との共生という健全な価値観に基づいた技術者倫理観を育み、地球的視点から多面的に物事を捉え先導できるリーダーとしての素養を養う。
    5. グループ活動能力とコミュニケーション能力: 卒業研究や実験・実習・演習・ゼミナールなどの実践的科目を通して、計画的な行動力と協調性、論理的な思考力・記述力を身につける。また、グループ発表・討論を通して、国際舞台でも通用するグローバルなコミュニケーション基礎力を身につける。