『 有機エレクトロニクス シンポジウム in 米沢 2014 』 開催について

先端有機エレクトロニクス研究センターイメージ

独立行政法人科学技術振興機構から平成21年12月から支援された(平成26年3月終了)「地域卓越研究者戦略的結集プログラム(プロジェクト名:先端有機エレクトロニクス国際研究拠点形成)」のこれまでの成果と今後の展開について情報発信します。

有機エレクトロニクス シンポジウム in 米沢 2014

題目
地域卓越研究者戦略的結集プログラムの成果と今後に向けて
「先端有機エレクトロニクス国際研究拠点形成」
(科学技術振興機構 2009年12月-2014年3月)
日時
平成26年3月14日(金)午前10時00分~12時00分
(同日午後 高分子学会主催 有機エレクトロニクス研究会 第3回異業種交流会を開催。 ※詳細はHPをご覧ください。)
 http://www.spsj.or.jp/entry/annaidetail.asp?kaisaino=919
会場
伝国の杜 置賜文化ホール (山形県米沢市丸の内1-2-1)
http://www.denkoku-no-mori.yonezawa.yamagata.jp/info.htm
参加費
無料
お申し込み
お申し込みはこちらから
チラシ
チラシ(PDF)はこちらから
プログラム
(司会進行 高橋辰宏)
10:00      開会の挨拶
         飯塚 博 氏(山形大学工学部長)
10:00~10:05 地域卓越研究者戦略的結集プログラムについて
         プロジェクトオフィサー・教授 小田公彦
10:05~10:20 地域卓越がもたらしたもの ~成果概要~
         有機エレクトロニクス研究センター長 大場好弘
10:20~10:35 有機EL部門
         卓越研究教授 城戸淳二
10:35~10:50 有機トランジスタ部門
         卓越研究教授 時任静士
10:50~11:05 有機太陽電池部門
         教授 吉田司
11:05~11:20 有機EL照明標準化と感性評価
         教授 山内泰樹
11:20~11:30  山形県への波及効果
         有機エレクトロニクスイノベーションセンター センター長代行
         産学連携教授 仲田仁
11:30~11:40 有機エレクトロニクス関連プロジェクト紹介
         有機エレクトロニクスイノベーションセンター
         産学連携教授 向殿充浩
11:40~11:45  国際研究拠点形成と今後の展開
         学部長特別補佐 高橋辰宏
11:45      閉会

主 催 :国立大学法人山形大学
後援(予定):独立行政法人科学技術振興機構・財団法人山形県産業技術振興機構・米沢市
お問い合わせ : 山形大学有機エレクトロニクス研究センター 研究プロジェクト支援室
TEL: 0238-26-3590
FAX: 0238-26-3240
E-Mail: edison@yz.yamagata-u.ac.jp