第2回ファブ地球社会シンポジウム 「いま、わたしたちに必要なイノベーションとは。」 を開催します。

【開催趣旨】
 多様化するニーズに対応する形で、モノづくりの技術・手法・参加者も多様化しています。イノベーションのあり方を更新し、経済と生活を豊かにする可能性がここにはあります。本シンポジウムでは、このような動向を踏まえ、もの作りにおける人々の感性や多様なニーズへの対応、産業と文化を越境したものづくりの展開などの現状と展望を題材と しながら、企業・政府にとっての機会や課題を論じます。
 検討にあたっては、日本で産学連携・大学横断のイノベーションに取り組む第一線の研究者に加え、国内外でインクルーシブ・デザインの先端を切り拓くジュリア・カシム氏、オープン・ソース・3Dプリンターの生みの親であるエイドリアン・ボイヤー氏、国際ファブ・プラットフォームShapewaysの顧問弁護士であり、オープンソース・
ハードウェア協会の理事長であるマイケル・ワインバーグ氏と、国際的な視野を得る上で示唆に富む登壇者を迎えます。
 産官学民、ものづくりの未来形やファブの浸透する社会の行方に関心をお持ちのみなさまの幅広い参加をお待ちしています。
【開催概要】
日時:2016年3月5日(土)|10:00-12:00(研究展示)|13:00-17:30(シンポジウム)
場所:慶應義塾大学三田キャンパス
主催:感性とデジタル製造を直結し、生活者の創造性を拡張するファブ地球社会    創造拠点(文部科学省Center of Innovation プログラム)
ウェブサイト:http://coi.sfc.keio.ac.jp/coi/event/
【参加申し込み方法】
下記のPeatixページよりお申し込みください。
http://fab2.peatix.com/
【登壇者(予定)】
松原健二(株式会社 ロングフェロー)
村井純(慶應義塾大学)
田中浩也(慶應義塾大学)
ジュリア・カシム(京都工芸繊維大学)
江渡浩一郎(産業技術総合研究所)
長田典子(関西学院大学)
荒川薫(明治大学)
エイドリアン・ボイヤー(RepRap Ltd)(ビデオ出演)
古川英光(山形大学)
マイケル・ワインバーグ(Shapeways, Inc.)
小林茂(情報科学芸術大学院大学)
水野大二郎(慶應義塾大学)
【プログラム】
詳細はウェブサイト(http://coi.sfc.keio.ac.jp/coi/event/)をご覧ください。