アパート・下宿紹介


 経済的理由による免除

経済的理由によって授業料の納付が困難であり,かつ,学業成績優秀と認められる者に願い出により選考の上,その期の授業料の全額又は半額を免除する制度があります。

※授業料免除を受けようとする者は,事前に願書の交付を受け,前期及び後期の指定された期間内に,所定の願書を学生センター1階4番窓口(学生支援ユニット奨学担当)又は工学部学生支援担当窓口に提出しなければなりません。

※授業料免除の願書には,市区町村長等の証明書等を添付しなければなりません。

授業料免除出願者は,決定の公示があるまで授業料の徴収が猶予されていますので,授業料を納付しないでください。もし,その間に納付した場合は,納付済の授業料は返付されません


 特別な事情による免除

授業料の納期前6ヶ月(新入学者については1年)以内において,学生の学資を主として負担している者が死亡し,又は学生もしくは学資負担者が風水害等の災害を受け授業料の納付が著しく困難と認められる場合には,願い出により選考の上,その期又は次期の授業料を免除することがあります。

その際,願書には被災の程度を証明する市区町村長等の証明書ほかを必要とします。

なお,出願の手続きは経済的理由による免除に準じます。


 窓口
    小白川地区    学生支援ユニット奨学担当
    米 沢 地 区    工学部学生支援担当