事業概要
HOME > 第一回「テニュアの日」交流会

第一回「テニュアの日」交流会開催しました。
 山形大学では、「社会的知性(SQ)を備えた卓越した(世界に通用する)若手研究者育成プログラムを実施しています。既に有機エレクトロニクス、ロボット、バイオの三分野に8名のテニュア・トラック助教が就任。研究支援者も含めると、国籍はオランダ、スペイン、インド、台湾、日本各地から異文化且つ多彩な経験を持った若手が集まっています。 2ヶ月に一度を目処に、「テニュアの日」を設定、百周年記念会館で「顔と顔」の交流をし、相互の親睦を深めると共に、新たな「気付き」で社会的知性の向上に努めています。

日程:2010年11月15日(月)
場所:100周年記念会館 迎賓室