事業概要
HOME >Sathish助教がシンポジウムを企画しました「多様なトポロジー的特徴をもつエラストマーの力学物性」

Sathish助教がシンポジウムを企画しました。「多様なトポロジー的特徴をもつエラストマーの力学物性」

日程:平成25年1月25日(金)15:00〜16:30
場所:山形大学工学部 5号館301号室
講師:浦山 健治 先生(京都大学)
講演タイトル:「多様なトポロジー的特徴をもつエラストマーの力学物性」
内容:網目鎖長,網目鎖のからみあい量,ダングリング鎖やゲスト鎖の鎖長と量など様々なトポロジー的特徴を制御したエラストマーを作製し,力学物性と網目構造との相関関係を調べた研究について述べる。チャンピオンデータとなる3000%を超える破断伸びをもつエラストマー,1を超える損失正接を示しその特性周波数を鎖長で制御できる高ダンピングエラストマーなどを紹介する。また,独立な二方向に伸長して各方向の張力を測定する二軸伸長測定の意義と,その測定によって様々なエラストマーの大変形挙動を調べた例を紹介する。

※本セミナーは、テニュア・トラック普及・定着事業(若手研究者の自立的研究環境整備促進)の支援を受け開催しています。